国語力の箱庭~塾講師の取組み~

「意味が分かると怖い話」を元ネタとした読解問題やボードゲームなど、学習塾のオーナー塾長が国語力について綴っていきます

100均『ダイソー』ボードゲームで論理的思考力を養う④『GIRI GIRI(ギリギリ)』~親子で楽しもう!~


当塾の小学生コースでは論理的思考力授業の一環としてボードゲームを使用することがあります。今回はそのうちの1つである『GIRI GIRI(ギリギリ』をご紹介します!

このボドゲはあのダイソーさんで110円という価格で販売されています。

なお、この記事では単純なゲーム内容の紹介ではなく、『論理的思考力養成』を目的とした場合の注意点などをお話ししたいと思います。

ダイソーボドゲでは間違いなく最高傑作!!だと個人的には思うこのゲーム、是非親子でお楽しみください!

 

【GIRI GIRI(ギリギリ)とは】

このゲームの遊び方などは「ぼどげーにゃ」さんのブログでご確認ください。

bodoge-nya.hatenablog.com

 

【プレーの際のポイント】

子どもの論理的思考力を養うという目的おいて、私が重要と考えているポイントなどを列記します。

①1on1の熱い闘いがオススメ!

このゲームは2~6人でのプレイが可能。でも、こういうゲームって大体2人でプレーするとちょっと単調になるんですよね。ゲームのポテンシャルを全部引き出せないというか。

しかし、このゲームはむしろ1対1が面白い。私も息子とプレーしましたが本当に白熱!多彩なアクションカードのおかげで相手のとの読み合いになり、特にダメージナンバーの手前では論理的思考フル回転状態になります。

②アクションカードの効果をお子さんに確認しながらプレーする

上記のようにアクションカードの効果をフル活用することが勝利への鍵となります。よって、お子さんとプレーする際、最初のうちは時折手を止めカードの効果をアドバイスをしながらゲームを進めてください。これらのカードを使いこなすことが思考力を養う上でもポイントになります。

特に相手のプレーに強制的に介入できる「TRICK」や手札全交換の「SWAP」は特定の場面において強力なカードとなり、思考力の働かせどころとなります。もし、お子さんに出し抜かれたら、潔く悔しがりましょう。

③ルールのマイナーチェンジもいいかも。

私はボドゲで塾生達が「ルールを変えたい」といった場合、まずそれを受け入れてプレーしてみます。もちろん、それでゲーム性が崩壊することもあるのですが、こういった創意工夫の気持ちって大切だと思うんです

このゲームでは最後のダメージ点数を減らしたり、2人戦の際には「GIRI GIRI」カードを抜いたり、私たちもいろいろ試してみました。お子さんの提案があったら是非乗ってみてください。

以上、塾講師からのアドバイスでした。是非、親子でお楽しみください!!

 

【お子さんの論理的思考力を養うために!!当塾推しボードゲーム

 

www.dokkaiupup.work

 

www.dokkaiupup.work